購入

少額から始める不動産投資!実践的アプローチ

読み終える目安: 約: 2
image

良い物件を見つけよう!「Dr.Assetレコメンダー」の登録はコチラから(無料)(中古マンションの最新情報を毎日メールで受け取る!投資用物件や実需用にも対応。地盤・災害リスクも見ながら中古マンションが探せます!)

「Dr.Assetレコメンダー」の説明書はコチラから
「Dr.Assetレコメンダー」のQ&A!使い方は?良い物件があった場合は、どうすればいいの?

‍※こちらの記事はあくまでChat GPTに聞いてみたものを提示しております。記事内容に関しては、読者自身の判断にお任せいたします。あらかじめご了承ください。

少額から始める不動産投資は何があるの?

話題のChat GPTに聞いてみましょう。

少額から始める不動産投資一覧

以下に、ご指摘の各投資の種類に関する情報を表にまとめました。

投資の種類最低投資金額想定利回り内容説明おすすめ度
不動産クラウドファンディング1万円から2~6%程度複数の投資家がクラウドファンディング業者が見つけた物件に投資。元本+分配金を受け取る仕組み。★★☆☆☆
REIT(不動産投資信託)1口5万円程度から3~4%程度金融機関で販売される投資信託の一種。不動産を対象にした商品で、利益に応じた配当金が分配される。★★★★☆
不動産小口化商品100万円程度~3~5%程度不動産を一口100万円程度に小口化して販売。利益を投資額に応じて出資者に分配する商品。★★★★★
少額収益物件への実物投資自己資金100万円程度3~10%程度(空室リスクあり)1,000万円以下で購入できる不動産への実物投資(例:区分マンション投資など)。空室リスクも高い。★☆☆☆☆

この表を参考にして、投資方法の選択や資金計画を立てる際の参考にしていただければ幸いです。それぞれの方法は、投資額の大小、想定されるリスク、および収益性において異なりますので、自身の投資目的や資金計画に合った方法を選択することが重要です。

不動産クラウドファンディング

不動産クラウドファンディングは、少額から始めることができる不動産投資の方法で、以下のようにまとめることができます。

概要

  • 内容: クラウドファンディング業者が選定した不動産に対して、複数の投資家が投資し、その収益を元本と分配金として受け取る方法です。

投資額の目安

  • 最低投資金額: 1万円から。

メリット

  1. 少額投資: 1口1万円から不動産投資が可能。
  2. 大規模物件への投資: 億単位の物件にも少額投資で参加可能。

デメリット

  1. 換金性・流動性の低さ: 証券取引所での売買ができず、換金性や流動性が低い。
  2. 手間: 1口購入ごとに申し込みや審査が必要で、労力がかかる。
  3. リスク: 元本割れや貸し倒れのリスクが存在。

おすすめ度

  • ★★☆☆☆: 気軽に投資を始めたい人向け。

キャピタルゲインとインカムゲイン

  • キャピタルゲイン: 保有資産の売却による利益。
  • インカムゲイン: 配当金や家賃収入など定期的な収益。

不動産クラウドファンディングで期待できる利回り

  • 平均利回り: 2〜6%程度。

REIT(不動産投資信託)

REIT(不動産投資信託)に関する情報は以下のようにまとめることができます。

概要

  • 内容: 証券取引所で取引される金融商品の一種で、不動産への投資を目的とした商品。得られた利益に応じて配当金が分配されます。

主要な販売元

  • : 「日本リート投資法人」の商品をSBI証券などで購入。

投資額の目安

  • 最低投資金額: 1口あたり5万円程度から70万円程度。

メリット

  1. 安定的な収入: 不動産からの収益に基づく安定した収入が見込める。
  2. 換金性・流動性: 株式として手軽に売買可能で、換金性や流動性が高い。
  3. 少額投資: 5万円程度から投資が可能。

デメリット

  1. 市場の変動: 株式市場の影響を受けやすく、価格変動が激しい。
  2. 運用管理の非自立: 物件選びや運用管理を個人でコントロールできない。
  3. リスク: 利回りの低下や元本割れのリスクがある。

おすすめ度

  • ★★★★☆: 安定した収入を得たい方におすすめ。

REITは、株式市場で取引されるため、手軽に投資を始めることができ、また換金性も高いという特徴があります。一方で、市場の変動に影響されやすいため、価格の変動リスクを理解した上で投資する必要があります。不動産投資を通じて比較的安定した収入を得たい方に適していますが、運用管理のコントロールができない点や市場の変動リスクに注意が必要です。

「不動産小口化商品」

「不動産小口化商品」に関する情報は以下のようにまとめられます。

概要

  • 内容: 一つの不動産を一口100万円程度に小口化して販売し、利益を投資額に応じて出資者に分配する商品。通常、「任意組合型」「匿名組合型」といった形態があります。

投資額の目安

  • 最低投資金額: 100万円程度から。

メリット

  1. アクセスしやすい価格帯: 優良物件を一口100万円から購入可能。
  2. 管理・運用の手間不要: 不動産の管理や運用に関する手間がかからない。
  3. キャピタルゲイン: 所有権の売却が可能で、キャピタルゲインも期待できる。
  4. 相続税対策: 投資としての利用だけでなく、相続税対策としても有用。

デメリット

  1. 比較的低い利回り: 現物不動産投資に比べて利回りはやや低め。
  2. リスク: 元本保証や賃料収入の保証がない。

おすすめ度

  • ★★★★★: 利回りが高めでキャピタルゲインも見込めるため、投資に慣れている方に特におすすめ。

不動産小口化商品は、一般的な不動産投資に比べて少額での参加が可能で、優良物件へのアクセスが容易です。また、不動産の管理や運用に関する負担が少なく、相続税対策としても利用できます。一方で、利回りがやや低いことや、元本保証がないことを考慮する必要があります。投資経験がある方や、キャピタルゲインを狙う方に適していると言えるでしょう。

実物投資

低予算の収益物件への実物投資に関する情報は以下のようにまとめられます。

概要

  • 内容: 1,000万円以下で購入可能な低予算の不動産、例えば区分マンションなどに対する実物投資。

投資額の目安

  • 最低投資金額: 45万円から300万円程度(物件価格の15〜30%程度)。

メリット

  1. ノウハウの習得: 実物投資における経験と知識を積むことができる。
  2. 高利回りの可能性: 少額で購入できる物件は高利回りを見込みやすい。

デメリット

  1. 集客力の問題: 築年数が古いなど格安物件は集客力が低いことが多い。
  2. リスク: 特にワンルームマンション投資では、空室リスクがあり収入がゼロになる可能性がある。

おすすめ度

  • ★☆☆☆☆: 実物投資を考える場合は、より多くの資金を用意することが推奨される。

低予算収益物件への実物投資は、不動産投資の入門としては適しているかもしれませんが、リスクが高く、特に初心者にはおすすめしにくい投資方法です。実物不動産への投資は、市場状況や物件の特性を十分に理解した上で行う必要があります。また、空室リスクや物件の老朽化など、維持管理に関わるコストと労力も考慮する必要があります。

引用:三菱UFJ信託銀行『お金の育て方』

投資経験あり知識がついてきた人向け。他の投資と何が違う?実物不動産投資のメリット

実物不動産投資には、不動産クラウドファンディング、REIT、不動産小口化商品とは異なるメリットがいくつかあります。これらを理解することで、投資方法を選ぶ際に役立つでしょう。

  1. 直接的な資産所有: 実物不動産投資では、直接的に物理的な資産を所有します。これにより、所有者としての意思決定が可能になり、物件の管理や改善に直接関わることができます。
  2. 価値向上による利益: 物件の価値向上(例:リフォームやエリアの開発による)を通じて、資産価値の増加を期待できます。これにより、将来的には売却によるキャピタルゲインを実現する可能性があります。
  3. 賃料収入: 物件を賃貸に出すことで、定期的な賃料収入を得ることが可能です。この収入は市場や物件状況によって変動しますが、比較的安定した収入源となることが多いです。
  4. 税制上の優遇: 実物不動産投資には、税制上の優遇措置が適用される場合があります。減価償却費の計上、リフォーム費用の控除、不動産所得に関する税制優遇などが考えられます。
  5. レバレッジ効果: 金融機関からの融資を利用して投資することで、少ない自己資金で大きな資産をコントロールすることが可能になります(レバレッジ効果)。ただし、これには返済のリスクも伴います。
  6. 相続対策としての利用: 実物不動産は相続計画の一環としても有用です。特定の物件を相続の対象とすることで、相続計画を明確にすることが可能です。

これらのメリットを考慮した上で、自分の投資スタイルや目的に合った投資方法を選択することが大切です。ただし、実物不動産投資には空室リスクや物件の維持管理費用、市場の変動によるリスクなど、留意すべき点も多いため、十分なリサーチと計画が必要です。

良い投資用物件の探し方!

実際に不動産会社に足を運んだり、ポータルサイトでみて回るのが面倒な方におすすめです。

良い投資用物件を探してみよう!「Dr.Assetレコメンダー」の登録はコチラから(無料)(中古マンションの最新情報を毎日メールで受け取る!投資用物件や実需用にも対応。地盤・災害リスクも見ながら中古マンションが探せます!)

「Dr.Assetレコメンダー」の説明書はコチラから
「Dr.Assetレコメンダー」のQ&A!使い方は?良い物件があった場合は、どうすればいいの?

不動産投資どれを選択?自分に合った方法を選ぶポイント

少額から始める不動産投資を選ぶ際、自分に合った方法を選ぶためには、以下のポイントを考慮すると良いでしょう。

  1. 投資金額の範囲: 自分が投資できる金額の範囲内で選ぶことが重要です。1万円程度から始められる不動産クラウドファンディング、5万円からのREIT、100万円程度からの不動産小口化商品、そして実物不動産投資は45万円から300万円程度が目安です。
  2. リスク許容度: 投資に伴うリスクをどれだけ受け入れられるかを考慮してください。例えば、REITは市場の変動に左右されやすいですが、流動性が高いです。一方、実物不動産投資は空室リスクや物件管理の負担があります。
  3. 投資の目的と期待利回り: 安定した収入を求めるか、キャピタルゲインを狙うかによって選ぶべき投資方法が異なります。REITは安定した収入を得やすく、不動産小口化商品はキャピタルゲインを見込むことができます。
  4. 投資に対する関与度: 物件の選定や管理にどれだけ関わりたいかを考えましょう。REITや不動産クラウドファンディングは比較的手軽ですが、実物不動産投資ではより積極的な関与が求められます。
  5. 将来的な計画: 投資は長期的な視点で考える必要があります。将来的な資金の流動性や、資産としての不動産の活用を考えると、選ぶべき投資方法が変わってくるかもしれません。

これらのポイントを基に、自分の投資目的、リスク許容度、利用できる資金、および投資に対する関与度などを総合的に考えて、最適な投資方法を選ぶと良いでしょう。

おすすめサービス

ET社AI物件情報自動配信システム「Dr.Assetレコメンダー」登録はコチラから(無料)(中古マンションの最新情報を毎日メールで受け取る!投資用物件や実需用にも対応。地盤・災害リスクも見ながら中古マンションが探せます!)

「Dr.Assetレコメンダー」の説明書はコチラから

「Dr.Assetレコメンダー」のQ&A!使い方は?良い物件があった場合は、どうすればいいの?

関連記事


2023年渋谷区の子育支援や区の取り組みを確認【今話題のChat GPTに聞いてみた】

海抜と標高の違いとは?大地震に備えて知っておくと便利な知識その1

地盤分類・地形分類ってなに?何の地盤が強いかをご紹介!

<法人向けソリューションも展開中!>
価格評価付き自動物件提案サービス「AI物件レコメンド」
ニーズにあわせた物件を市場から幅広く抽出、自動提案

営業業務の効率化に課題をお持ちの企業様のために開発された、お客様のニーズにあった物件をAIが自動でおすすめしてくれるソリューションです。

自動物件だけでなく、PVやお気に入りなどのアクションを記録し、AI分析し最適化することも可能。お客様にとっても、自分だけに最適化した情報を受け取ることができるため、お喜びいただけます。

詳しくはこちらからお問い合わせください。

この記事を読んだ人におすすめ